カローラフィールダーエアコン修理。コンプレッサー圧縮不足が原因

ブログ2017年9月5日

エアコンが効かないとご入庫されたK様。

 

調べてみると、エアコンが効かなかった主な原因はコンプレッサーの圧縮不足。エキスパンションバルブもガス漏れをしていたので交換。併せて、エアコンサイクル内のごみや水分を取り除くフィルターの役目をしているレシーバードライヤも一緒に交換しておきます。

 

外した箇所のOリングも全て交換し、最後に真空引きをして漏れがないかを入念にチェックしてガスを入れていきます。

 

今回の作業はエキパンを交換する際にダッシュボードを取り外さないといけなかったのが少し苦労しましたよ。

 

 

これで室内に快適な涼しさが戻り、お客様にも喜んでいただきました。夏にエアコンが効かないクルマなんて、もう考えられない時代ですからね。

 

新車市場カーベル丸亀では、お客様に少しでも長く快適にお乗り頂けるよう、車検・修理・メンテナンス・用品取付時には経験豊富なプロによるチェックを欠かしませんので安心してお任せして下さい!

店舗情報

 

 

この記事が気に入ったらシェアしよう!