大きなトラブルが発生しないためにプロのチェックが大切

ブログ2017年8月21日

夏本番のこの季節、カーエアコンのメンテナンス・修理のご入庫件数が一段と増えてきますね。

 

本日もホンダステップワゴンをお乗りのH様、エアコンの効きが悪いとの事でご入庫。

今回は、エアコンガスの量・圧には特に問題が無かったためエアコンフィルター交換だけで涼しさがグンと改善されましたが、定期的なエアコンフィルターのお手入れをぜひおススメします!

 

エアコンフィルターの大事な役割

  • 外気中の花粉やホコリが車内に入ってくるのをブロック
  • 熱交換器(エバポレーター)をホコリや雑菌から守る
  • 防カビ効果

車外からの花粉やホコリ、砂ぼこりをブロックして、エアコンフィルターに織り込まれている活性炭の機能で脱臭します。また、ウィルスや菌、カビもガードし、その繁殖も抑制します。エアコンを内規循環モードにしていても、エアコンフィルターを通過しますので、常に車内の空気をキレイにして車内の環境を快適に維持しています。

 

 

車内をキレイに快適に過ごせるために、エアコンフィルターはとっても大事な存在なんですね。

 

 

プロによるチェックで早期発見・早期解決

長く大事に乗られているおクルマなので、エンジンルームもチェックしてみると、ラジエータから液漏れを発見。

微量という事もあり交換とまではいかなく、今回はこのワコーズのRSLラジエーターストップリーを使用して応急処置。

漏れ止め剤を入れた後はしばらくエンジンを動かして、注意深く目視します。漏れ無しを確認できれば、ラジエーターサブタンクにマジックで印をしておいて、これから液に減りが無いかどうかをお客様に様子を見てもらえるようにお願いします。

 

ラジエーターはクルマにとって非常に大事な部分なので定期的にチェックしておきたいところですが、異常箇所が発見しにくい部分でもあります。

そのため新車市場カーベル丸亀では、お客様に少しでも長く快適にお乗り頂けるよう、車検・修理・メンテナンス・用品取付時には経験豊富なプロによるチェックを欠かしませんので安心してお任せして下さい!

 

店舗情報

 

この記事が気に入ったらシェアしよう!